業務用エアコンのAPFとは何か

HOME » 業務用エアコンの電気代と費用 » 業務用エアコンのAPFとは何か

業務用エアコンのAPFとは何か

業務用エアコンについてですが、APF表示というものがあります。
APFとはそもそも一体何なのかという事についてですが、APFは通年エネルギー消費効率のことです。
この通年エネルギー消費効率、APFは業務用エアコンで表示されています。
というのも近年省エネルギーに対して関心が高まっているという事から業務用エアコンにAPFが表示されるようになったのです。

APF値ですが、簡単に言えばエアコンの運転効率を示す数値なんですね。
特により実使用に近い評価であり、建物用途や使用期間などを設定して実際の使用状態により近いエアコンの運転効率を示す数値となっています。
ですので業務用エアコンに表示されているAPF値では、APF値が大きければ大きいほど省エネ性が高くなっているということになります。

またこのAPF値はどうやって求めることができる物なのでしょうか。
計算式としましては、APF値=1年に必要な冷暖房能力kWh÷機種ごとの年間消費電力量kWhで求めることが可能です。
年間を通じた総合負荷、そして総消費電力を算出して効率を求めたAPF値の表示があるのは、実際の使用時に近い状態での評価を行うためなんですね。

またAPF値ではなくCOP値というものがありますが、このどちらもエアコンの運転効率を示すためのものという事には変わりありません。
ですがCOP値の場合には定格能力kW÷定格消費電力kWで算出できる数値で、ある一定の温度条件でエアコンを運転した際の効率を示す数値となっています。
エアコンの運転状況などは加味されていないのです。